GoogleMapsAPIのプレミアム機能の使い方

GoogleMapsAPIには年間契約が必要なプレミアム機能があります。

プレミアム機能は主に3つのポイントがあります。

1つはGoogleMapsAPIの無料版でできなかったことができることです。
無料版はどのWebでもサービスでも利用できるものではありません。


利用できるのはオープンで使える場合です。会員制のSNSや企業内システムなどで利用する場合にネックになるケースが多いです。

Yahoo!ニュース

プレミアム版は利用される場所を限定しません。

利用回数も多くなっており、ほとんどのサービスやWeb、システムで活用できると好評です。また、トラッキングサービスなどはプレミアム版のみの機能として好評を得ています。


2つめはGoogleMapsAPIのサポートです。
安定稼働しているサービスではありますが、自社システムに組み込んだ場合に想定したどおりの動きをしないケースがあります。



その際、プログラムからの呼び出しレベルからサポートしてもらえるので開発速度が格段に上がると期待されています。

年間に相談できる回数は決まっていますが、多くのケースで十分な回数が設定されていると考えられています。


3つめはアクセスが多いサイトでの対応です。

無料版であっても、APICの利用回数によっては有料課金されてしまうケースが多くなっています。

GoogleMapsAPI プレミアムの最新情報ならこちらを参考にしてください。

地図表示は無料で利用できる回数が決められており、ほとんどのサイトで十分な回数がありますが、アクセスが多い場合はプレミアム版を利用した方がコストが安いケースが多くなっています。